<< 【UFC】ジョー・リグス インタビュー(UFC55前) | main | 【格闘技】スーパーキャンプ in Huntington Beach >>

スポンサーサイト

  • 2010.09.28 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


【PRIDE】ヴァンダレイ・シウバ インタビュー

Maxfighing.comより
ヴァンダレイ・シウバ インタビュー
ショーグンの下りはどうなんでしょうね。まあそーゆーもんだろうけど。

Interview - Wanderlai Silva
By Takimoto
Tuesday, October 4, 2005

Takimoto- Now that it is over, can you analyze your fight against Arona?
Wanderlei Silva- What fight? Actually, there were no fight. That was one of the worst fights of my life, I did the wrong tactics. What I don't accept is because I didn't a good show, I became very upset because I didn't do what my fans and everybody expected from me. But, thank God, I absorbed this, saw my mistakes. Now I have to train more, but I'm already doing this, and I am ready for the next one.


:今振り返ってみて、アローナとの試合はどう分析しますか?
■試合だって?明らかに試合なんてもんじゃなかった。アレは私の人生最悪の試合の一つだったよ。ひどい戦術を選んでしまった。私が受け入れられないのは、いいショーを見せれなかったからだ。私のファンやみんなが期待している戦いができずに私は本当に動揺していた。だけど、神に感謝しなければならない、私はコレの事ばかりを考え、自分のミスを見つけたよ。今はもっとトレーニングしなければならない、それに集中しているよ、今度の試合の準備は万端だ。

Takimoto- And when is going to be the next fight?
Wanderlei Silva- At first, the next one will be in 31 of December. I still don't know against whom, but I asked my master Rudimar to do it again against Arona, because things are not going to stay like this. It doesn't matter, I never give up and next time that I face him I'm going to smash everything, go straight forward him with all my will. I saw that kind of fight is not for me.


:今度の試合はいつになるでしょう?
■今度の試合は大晦日だろう。誰と戦うかはわからない。だけど私はアローナともう一度戦わせてくれてと師匠のフジマールにお願いはした。今度は前と同じようにはならない。私はけしてあきらめないし、今度彼と戦うときにはボコボコにしてやるし、オレの精神をまっすぐにぶつけてやるけど、それは重要な問題じゃないんだ。これは自分の為の戦いではないんだ。

Takimoto- What do you think about some of the critical comments that you are receiving?
Wanderlei Silva- That's normal. Every sport is like this. It is a sport thing, it is a part of the job. You have to know how to absorb and filter, to not commit this mistakes again. I don't keep myself down for nothing


:あなたが受けている厳しい意見について何かありますか?
■それが普通だろうね。全てのスポーツはそんなもんだ。それがスポーツってもんだよ。これは仕事の一部だ。何を受け入れて何をフィルタリングするかの術は身に付けなければいけない、このミスを再び繰り返さないためにね。私は無駄に自分を抑える様な事はないよ。

Takimoto- And what do you thing about Mauricio "Shogun" Rua's performance?
Wanderlei Silva-I knew that if he made a classic fight he would show how prepared he is. This year was Shogun's year. He really surpassed the best. If he and I went to the final in this tourney it would be unfair, I would feel myself bad. We set up that I would be the champion. We would fight but come on, I wouldn't do a real fight with the guy. There's no way we can do this, this will never happen. I really like him, he is a really good guy, very humble, there is no way. I even said to the boss "If you want to let him (Shogun) do this, there is no problem for me", but he said that I am older, and have more time on the road. Shogun will have other opportunities. But thank God everything went fine and he became the champion with his own merits, everybody saw his superiority against the others. I expect that he keep the focus now, keep training, because other real tough fights will come and I think he discovered all the potential he has. He has a lot of things to show.


:では、マウリシオ・ショーグンが見せたパフォーマンスについてはどう思いましたか?
■古典的な戦い方をするのであれば、彼がどれくらいそれに準備をしていたのかを私は知っていたよ。今年はショーグンの年だろう。彼は最高を上回っていた。もし私と彼とが決勝に進んでいたとしたら不公平だったね、私は自分が不利だと思っていただろう。我々は私がチャンピオンになる様に設定していた。我々は戦っただろうが、彼とはリアルファイトはしなかっただろう。我々ができる方法は無い、コレは二度と決して起きないだろう。私は本当に彼が好きで、彼は本当にいい奴で、実に謙虚な奴なんだ、他に道はないんだ。私はボスにこうとまで言った「もしあなたがショーグンにこれをさせたいなら、私にとっては問題ない」だが彼は私は年長者であると言い、途上にはもっと機会があると言った。ショーグンは他の機会があるとね。だけど、神に感謝するよ、全ては上手く行き、彼はその自身の功績によりチャンピオンになった。彼の相手に対する優越を見ただろう?私は今彼が注目され続ける事を望み、トレーニングを続ける事を望むよ。新たなタフな試合は今後あるだろう、彼の持っているポテンシャルを全て彼が引き出せるだろうと私は思う。彼には見るべき事がたくさんあるんだ。

Takimoto- How about the fight between Mirko "Cro Cop" Filipovic and Emelianenko Fedor, what did you think?
Wanderlei Silva- It was a real good fight. This fight I saw in special seats, almost ringside. I was already rooting for Fedor, because I don't like Mirko. After I had the opportunity to meet the guy, he came and talked to me, as a very nice guy, very humble. I became surprised with the person that he really is. In the fight, he really did the right tactic... went straight forward at the other guy. It was a real nice fight. Fedor also kept the pace, and went the distance in 20 minutes of brawl. That was a real fight. And that's the way I'm going to fight from now on. I will came back to my style, this tactical way of fighting is not for me. I’m at 100kg, don't know if I will fight against a heavier guy or again against Arona. So I can cut to 93kg, or can fight against a heavier guy, doesn't matter against whom.


:ミルコ・クロコップとエメリヤーエンコ・ヒョードルの試合はどうでしたか?
■実にいい戦いだった。この試合、私はリングサイドのスペシャルシートで見せてもらったよ。私はずっとヒョードルを応援していた。ミルコが好きじゃないからね。私が彼と会う機会があったんだけど、彼は近寄ってきて私に話しかけてきた、とてもナイスガイな風にね。とても謙虚だったよ。私は彼が本当にそんな人間である事に驚いた。試合では彼は実に正しい戦術に徹していた…まっすぐと他の相手へと進んでいたよ。あれは実にいい試合だった。ヒョードルは自分のペースも守っていて、距離を二十分間保っていた。あれは本当の戦いだった。そしてあれは私がこれから戦っていく戦い方だね。私は自分のスタイルを振り返るつもりだ、この戦い方は私のものではない。私は100kgある、もっと重い選手と戦うのか、アローナと再び戦うのかはわからない。93kgにもカットできるし、もっと重い選手と戦う事もできる。誰と戦うのかは大した問題ではない。

Takimoto- After Pride you went to Europe. How were things there?
Wanderlei Silva- It was really cool; I did a lot of things there. I did two full seminars in France, they had to cut some people because we sold so many tickets. Some people stayed around the mat and they paid only to see the demonstrations, because there was no space for them to stay. It was really nice, in the south of France. I talked to some guys there, I knew two famous rap groups there and we are trying to meet some very influence people to achieve the MMA liberation there. I went to St. Ettiene and met the teams goalkeeper, who is my fan and a really nice guy. There was going to be a match between St. Etienne and Barcelona, so they invited me to give the first kick of the game. I took pictures with Ronaldinho, a very nice guy, said that he sees my fights, that he likes fights and that he follows the Brazilian guys.
Then I went to Belgium. It is the second time that I went there, the last time I spent just a little time. There were a lot of people recognizing me in the streets, asking for autographs. Then I went to Holland, in Amsterdam, I'm also very known there. Now that I am back to Brazil I'm already working.


:PRIDEの後ヨーロッパに行きました。どうしたのですか?
■実にクールだよ。そこではいろんなことをした。フランスではフルセミナーを二度した。たくさんのチケットが売れすぎて、彼らは何人かの人を切らなければならなかった。何人かの人はマットの周りに座り、座るスペースも無かったのでデモンストレーションを見るためだけだけにお金を払う事になった。南フランスのは実に凄かったよ。そこでは何人もの人に話した、私は二つの有名なラップグループがそこにいるのを知っていたので、MMA解放に影響力を持つ人々に会おうと努力している。私はSt.Ettieneに行き、そのチームのゴールキーパーに会った、彼は私のファンで実にいい奴だったよ。St.Etienneとバルセロナの試合を見に行こうとすると、彼らは私にゲームのファーストキックをさせるために招待してくれた。ロナウジーニョと一緒に写真を撮ったよ、いい奴だったね。彼は私の試合を見るとも言ってたね、彼はファイトが好きで、ブラジル選手を応援しているってさ。
そして私はベルギーに行った。そこに行くのは二度目で、前は少ししか滞在しなかったんだけどね。ストリートではサインを求めてきたたくさんの人たちがいたよ。その後オランダはアムステルダムに行った。そこもよく知った土地だ。今はブラジルに戻ってきてトレーニングをしてるけどね。

Takimoto- How was the reception of the Chute Boxe people when you came back?
Wanderlei Silva- You know that there was a good side in all this; it was the strength that a lot of people gave to me. Master Rudimar and Rafael, I ask them to not be nice to me, because if I had to receive some slaps, and they gave them to me. They really support me, along with Cristiano Marcelo, Nino "Elvis" Schembri, all the guys that trains together. Besides them, a lot of people came and talked to me, and sent me messages. It is a really good thing to experience this.
Everyone is with me and with my team, and after everything they did and are doing for me, I'm already grateful to my masters. The strength they gave to me, this strength, and this vibe. I went back to the academy and everybody gave me this support, I almost cried. Everything that I will do for my team, I always did, but know everything that can do for my friends I will do.


:戻ってきた時はシュートボクセでどんな歓迎会があったのですか?
■知ってるだろ、いい面は全てこっちにあった。それはたくさんの人々が私にくれた力だ。マスター・フジマールとラファエル、私は彼らは私に甘くない様に求めています、何故なら私が痛い思いをしなければならない時に、彼らは私にそれを与えてくれるからです。彼らは本当にクリスチアーノ・マルセロやニーノ・シェンブリ、それに全てのトレーニングパートナーと一緒に私をサポートしてくれます。それだけでなく、たくさんの人々が私に近づき話しかけ、メッセージをくれます。これを経験できた事は本当に良いことでした。みんな私や私のチームと共にいます。彼らが私の為にしてくれた事やしてくれている事を考え、私はいつも私の師匠に感謝しています。彼らが私にくれた強さ、この強さ、この雰囲気。私はアカデミーに戻り、皆私をサポートしてくれる事、私はいつも涙が流れます。私がチームにしたい全ての事、私はいつもしてきており、友人の為にできる事を全てしていこうと思っています。

Takimoto- What are you thinking about Sakuraba in the days he is spent in Curitiba?
Wanderlei Silva- The guy is really cool. I already had an impression about him, ffrom when we crossesd. He stayed in his way, he is a great professional in his trainings routines, in his pace, even the boss said "the guy is really cool", like a person, not as an athlete. He is an idol, a real idol. A lot of people here in Curitiba went to take pictures with the guy, went to ask for autographs. He is a very recognized person and deserves a lot of respect in the MMA scene.


:桜庭がクリチバでここのところどう過ごしているか教えてください。
■彼は実にクールだよ。彼と戦っていた時から彼には影響を受けている。彼はマイペースを保ち、トレーニングルーチンでもプロフェッショナルでいて、自分のペースを保っている。ボスもこう言ってさえいる。「彼は実にクールだ」アスリートであるというより、人としてね。彼はアイドルだ、本当のアイドルだね。ここクリチバにいる人々の多くは彼と一緒に写真を撮り、サインをせがんでいる。彼はMMAシーンでとても認識されている人で、たくさんのリスペクトを受けるに値する人物だよ。


スポンサーサイト

  • 2010.09.28 Tuesday
  • -
  • 19:57
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
再開ですね〜。楽しみにしてましたよ。またよろしくお願いします。
しかし、こんな事ばらして良いんですかね〜w。信用失うよ。この前のヨーロッパ大会みたいにw。
  • 老子
  • 2005/10/11 9:46 PM
いつも拝見させて頂いてます
シュートボクセはプロだから同門でもガチると思ってたんでショックですわ・・・。
それとホントのプロならこんな事は語りませんよね
シウバファンなんでガッカリしました
まあシウバはプロレスラーじゃないし語っても仕方ないか・・・
  • 二回目の投稿です
  • 2005/10/12 2:18 AM
たしかにコレは失望ですね。ヤオる予定だったということだけではなく、それをバラしたということ、これは二重の意味で最低の行いです。なんでこういうこと言っちゃうのか理解できない。
日本人とばかりやってきたのもDSEの要望なんだろうし、文句を言うのは控えてたんですが、さすがに今回は限度を超えてるでしょう。世界中から非難が集まる発言じゃないですか??
  • 通りすがりK
  • 2005/10/12 2:24 AM
このボスってのは榊原さんですよね…。
すばらしく正直なシウバに乾杯!
  • ジョー
  • 2005/10/12 6:26 AM
多分そうだろうとは思ってましたが,当事者からコメントが出ると衝撃ですねぇ.  昔のPRIDEは本部長の八百長話しもあったもんですが,今もあるんだな・・・. どうせやるなら桜庭を勝たせて夢を見させて欲しいわい.
  • だいだい
  • 2005/10/12 9:38 AM
シウバは自分のとった発言のヤバさに気付いてないのかな?

人それぞれ捉え方はあるだろうけど、これ変な言い方すれば、八百長未遂?

今回の発言は色んな意味で凄いショック...
  • マスターピース
  • 2005/10/12 10:41 AM
俺(シウバ)はショーグンとはリアルファイトできないが、「(社長が)ショーグンにリアルファイト(文脈から考えてdo thisはたぶんリアルファイトをすること)をさせたいなら、俺は構わない」、と言った。そこで社長が「君は年長だし、ショーグンには他にも機会がある」と言って諌めている場面とも解釈できますが。なんとも波紋を呼ぶ発言ですな。
  • o
  • 2005/10/12 11:24 AM
マジでショックですわ。
シウバvsショーグンを楽しみにしていたファンの心をぶち壊す発言ですね。あぁ・・・シウバのバカタレ。いちいち言わんでいい!そんなこと!
  • プラファン
  • 2005/10/12 12:36 PM
すいません 僕頭が悪いので完全に理解できなかったんですが 榊原がシウバが勝つようにヤオしよう!と言ってシウバはガチやっても良いよ!って答えたって事ですか? ?
  • 水男
  • 2005/10/12 12:53 PM
クリチバでの桜庭について「ボス」がコメントしてるところから、「ボス」とはおそらくフジマールのことを指すんじゃないですか。
  • みちん
  • 2005/10/12 3:17 PM
わしもボスはフジマールのことかとおもう。
榊原というのはあまりにも話が飛びすぎじゃない?
まあ同門対決させる方にも問題はあるのかもしんないけど…
  • zen
  • 2005/10/12 3:21 PM
いつも和訳お疲れさまです。このthebossは明らかにmymasterRudimarの言いかえですよ。英語においてそれまで一回も登場していない固有名詞が突然thebossなどと表現されることはよっぽど明確な共通認識が無いかぎりまずありえません。このサイトはアンチPRIDEの方が多いようなので少しでも悪くとりたいのかもしれませんが。
  • いつも見てます乙
  • 2005/10/12 3:36 PM
プライドの八百長を公にしないでほしいなぁ
  • keo
  • 2005/10/12 3:37 PM
ボスがフジマールならおそらく榊原社長は絡んでいないでしょうが、
何にしろ同門対決なんて組むもんじゃないですね。
  • o
  • 2005/10/12 3:42 PM
ボスといえば榊原かシュートボクセのボスの二択ですよね^^;
タナカさんが動き出す
  • uma
  • 2005/10/12 3:51 PM
>If he and I went to the final in this tourney it would be unfair, I would feel myself bad.

もし彼(ショーグン)と私が決勝に進んでしまっていたら、それは不公平なことになっていただろう。私は自己嫌悪に陥っていたかもしれない。

We set up that I would be the champion.

私達は私がチャンピオンになるように話をつけていた。

We would fight but come on, I wouldn't do a real fight with the guy.

私達は(そういう事態になれば)戦いはするさ。だけども、私はあいつと真剣勝負をすることはなかっただろう。

There's no way we can do this, this will never happen.

私達にはそんなことはできない。そんなことはありえないんだ。

I really like him, he is a really good guy, very humble, there is no way.

私は本当に彼のことが好きなんだ。本当に良い奴だし、とても謙虚な奴で…(真剣勝負なんて)ありえない。

I even said to the boss "If you want to let him (Shogun) do this, there is no problem for me",

私はボスに「もしショーグンをチャンピオンにさせようっていうなら、私には何も異存もないんだ」とまで言った。

but he said that I am older, and have more time on the road. Shogun will have other opportuniti
  • まさ
  • 2005/10/12 4:56 PM
切れちゃった

--

but he said that I am older, and have more time on the road. Shogun will have other opportunities.

だが、私の方が先輩であること、そして私自身まだキャリアは続くのだし、ショーグンにも他の機会はあるのだから(私がここで負ける必要などないのだ)、と言うのがボスの意見だった。

--

こんな感じでどうでしょうか。
ボスは文脈からすればフジマール会長のことだと思います。
  • まさ
  • 2005/10/12 5:01 PM
PRIDEのヤオっていうより、シュートボクセのヤオでしょ。
  • ミッシェル
  • 2005/10/12 5:09 PM
ボスはフジマール会長のことだろう
シウバがいちプロモーターである榊原のことをなんでボスと言うんだ?
そういえば以前、シウバがGP決勝前シュートボクセイ内で会合をした言っていたね。たぶんこの記事の内容の事だったんだと思う
  • 2005/10/12 5:15 PM
thebossはやはり社長の意でしょ。一度も登場してない人物をいきなりbossとするのはおかしいと言いますがあれが全文かどうかもわからないですしボス=社長ってのは海外では一般的ですよ。
  • 2005/10/12 6:02 PM
どうも勘違いされてるかたがいられるようですがボスとは海外では単純に社長という意味ですよ。師匠と表現されてるものとは明らかに違いますしそのような置き換えはされないでしょう。
  • 2005/10/12 6:05 PM
やはり同門対決は八百長の温床ですね。
それにしても何故シウバは日本人インタビュアー(by Takimotoと書いてあるから恐らく日本人でしょう)相手にこんな不用意な発言をしたのでしょうか?
少々不可解ではありますね。
  • HAGANE
  • 2005/10/12 6:07 PM
英語ができない人が多いねー。英語は同じ表現の繰り返しを嫌うの。さらにtheがついているということは以下の単語が一つに特定されるということ、そして話者にとってお互い了解済みであるということ。つまりbossという単語にtheがついてるのはこの場合、それまでの流れの中で概出の情報ってことなの。ショーグンをtheguyって表現してるのと同じ事。社長って単語とシウバの発言って理由からかってに連想して榊原だなんてのは日本語の発想。単語を当てはめるだけなら小学生でもできますよ。
  • いつも見てます乙
  • 2005/10/12 6:22 PM
このbossはどう見てもフジマールです。
榊原ではありません。
私は↑の方のような論理的な説明は出来ませんが、一応少しは英語よめますんで…
「まさ」さんの翻訳はバッチリだと思います。
  • wateru
  • 2005/10/12 7:24 PM
We would fight but come on, I wouldn't do a real fight with the guy.

このdo a real fightを前提として、

There's no way we can do this, this will never happen.

ここではdo thisを真剣勝負をすることとして使ってるわけだから、

I even said to the boss "If you want to let him (Shogun) do this, there is no problem for me",

ここで急にdo thisにチャンピョンにさせるという意味を読み込むのは拡張にならない?一連の流れで言えば、ショーグンに真剣勝負をさせること、だと思いますが。

>>つまりbossという単語にtheがついてるのはこの場合、それまでの流れの中で概出の情報ってことなの。

theをつければ全て既出の情報というわけではありませんよ。その場の状況により聞き手に特定できる対象ならば、ですが。その場合、theは訳しません。ただ文脈、話の内容(年長・次の機会があるとかは、ジムの会長が言いそう)から推測して、ボスがフジマールを指すということには賛成です。


  • 2005/10/12 7:47 PM
名前が消えた
  • o
  • 2005/10/12 7:49 PM
たしかPRIDEのDVDの試合後インタビューかなんかで榊原は「サカキバラ」って呼んでたと思いますね。その時の訳でフジマールのことをボスと呼んでた記憶がありますなー。
  • YS
  • 2005/10/12 7:58 PM
たしかPRIDEのDVDの試合後インタビューかなんかで榊原は「サカキバラ」って呼んでたと思いますね。その時の訳でフジマールのことをボスと呼んでた記憶がありますなー。
  • YS
  • 2005/10/12 8:00 PM
>I even said to the boss "If you want to let him (Shogun) do this, there is no problem for me",

ここで急にdo thisにチャンピョンにさせるという意味を読み込むのは拡張にならない?一連の流れで言えば、ショーグンに真剣勝負をさせること、だと思いますが。

--

そこが訳していて自信が無いところでした。

ただ、シウバのコメントが「もしショーグンと決勝でぶつかっていても、私には真剣勝負なんてできなかった」ということなので、そこの「Let him do this」の意味が、直接的には「ショーグンには真剣勝負をさせる」ということだったとしても、それはショーグンは本気で試合をし、シウバはできない、ということになり、結果としてショーグンに勝たせることに繋がる、という意味合いなのではないか、と勝手に判断し、上記のような書き方をしてしまいました。

英語に自信があるわけでは全くないので、詳しい方々に色々と指摘していただけるのは嬉しいです。blogに慣れてないのでコメントとかの付け方が見づらかったらすいません。
  • まさ
  • 2005/10/12 8:18 PM
>:桜庭がクリチバでここのところどう過ごしているか教えてください。
>■彼は実にクールだよ。彼と戦っていた時から彼には影響を受けている。
>彼はマイペースを保ち、トレーニングルーチンでもプロフェッショナルでいて、
>自分のペースを保っている。
>ボスもこう言ってさえいる。「彼は実にクールだ」アスリートであるというより、人としてね。


明らかにフジマールをボス(the boss )と呼んでいる
ボス=フジマールで確定でしょう
  • 2005/10/12 8:33 PM
theがつけばつねに概出だとは言ってないですよ。だからちゃんとこの場合はという枕詞をつけました。この場合はそれがごくごく自然だということです。
  • いつも見てます乙
  • 2005/10/12 9:46 PM
そうなると、シウバがアローナ戦で見せたあの消極的な戦い、あれこそ片八百長試合ともとれますね。
  • 2005/10/12 10:17 PM
>そうなると、シウバがアローナ戦で見せたあの消極的な戦い、あれこそ片八百長試合ともとれますね。

それは違うと思いますね。このところのシウバはずっと慎重でしたから。
ヒョードルのように常に前にでる戦いに変わると言うようなコメントがでてますから楽しみですね。
  • 松本
  • 2005/10/12 11:08 PM
これだけ同門対決を嫌がっているのであれば、DSEがやりたがっている大晦日シウバショーグンタイトルマッチも無さそうですね。大晦日はシウバアローナのタイトルマッチだといいなあ。
  • asd
  • 2005/10/12 11:45 PM
今更だけど、この英文ブラジル版tatameの翻訳なんだよね。
だとすると原語はポルトガル語なわけで、原文のニュアンスが正確に英文に反映してるのかどうか確認できない以上、英文の枝葉末節にわたる議論は無意味ですね。
  • o
  • 2005/10/12 11:46 PM
そもそもこの記事でうなの?
  • 2005/10/13 12:07 AM
馬鹿ばっかですね。
例え英語わからなくてもフジマールだと判断できますよ。

ゆとり教育の影響ですかね?

  • nanasi
  • 2005/10/13 12:26 AM
>そうなると、シウバがアローナ戦で見せたあの消極的な戦い、あれこそ片八百長試合ともとれますね。

どういう脳みそしてるの?
  • nanasi
  • 2005/10/13 12:27 AM
自分は英語はさっぱりですが、まあ確かに「おれのボスも言ってるんだぜ〜」というような文脈となると、シウバは「ボス」の価値観に信頼を置いてるわけです。となると、シウバにとって通訳を介してコミュニケーションを取る榊原社長というのは、そういう存在とはちょっと違うかな〜というのが自分の解釈です。
  • みちん
  • 2005/10/13 1:17 AM
みなさん英語を細かく分析してますけど、
みなさん受験教育の弊害にそまってますなあ。
この英文がNATIVEが書いた英語じゃないのに、
冠詞がどうのこうのって厳密な話しても意味ないですよ。

っていうかもっと根本的な文法がめちゃくちゃな英文ですから。
仮定法の時制とかTHISとかTHATの使い方とか。

THE BOSSがフジマールなのは明白。
BOSS=社長なんて低レベルな指摘はやめなさい。
  • 2005/10/13 1:27 PM
俺は英語 全然できないけど、訳文 読んでて普通に ボス=フジマール だと
思ってた。読解力の落ちてる人が多いという意見に賛成。
  • シャウ
  • 2005/10/13 2:30 PM
八百長は八百長ですよね。
ボスが榊原にしろフジマールにしろ。
プライド自体こうゆう話が幾度もなされて、漏れてきたと。
氷山の一角でしょうね。
必死杉なのは笑えます。
  • 2005/10/14 4:44 PM
↑2chに行ってください。
  • 2005/10/14 5:32 PM
F1でもシューマッハーがバリチェロにゴール直前で優勝譲ったことあったよね。あれも八百長?
同チームの譲り合いと八百長は根本的に違うと思うけど、、、、、、、、
  • 2005/10/14 7:16 PM
>ゴール直前で優勝譲ったことあったよね。あれも八百長?

あれは八百長ですよ。問題になったじゃないですか。
例えば競馬で同厩舎の馬同士がゴール前で優勝を譲るなんて絶対許されてはいけないと思いませんか。
このシウバ発言はカリフォルニアでのPRIDE開催に暗い影を落とすと思いますね。もうPRIDEで賭けは成立しないでしょ。PRIDEの米国進出を阻止したい者はこのシウバ発言を必ず持ち出してくるでしょうね。
  • 2005/10/15 11:04 AM
いつも興味深いインタビュー訳ありがとうございます。

アブダビ決勝戦で同門によるfixed matchを思い出しました(ヘンゾでしたっけ?)。SBは練習でも顔面踏みつけありでやるし、試合でもヤレるだろうというのも幻想だったんだなぁ。
雑誌のインタビューなんかで、あれほど「もちろんシュートでやる」みたいなことを言ってたのはフリでしかなかったというのが一番悲しい。
  • れも
  • 2005/10/15 7:22 PM
和訳お疲れ様です。
ちょっと驚きでした。
大会終了から日にちも経ってませんし、
日本人記者に対してここまで言うとは・・・

凄く興味深いインタビューですね。
TBさせてもらいます。
それにしても普通に英語わからなくても藤丸さんだとわかるよなあ、、、。
ある意味こっちも衝撃的w
  • ぺぺ
  • 2005/10/16 7:02 PM
どちらが勝つか、話し付けた発言は、シェルドグの方でも、話題になりました。以前のインタビューで、「同門でも、真剣に闘う」と言ってたのに、翻って、「同門だから、話し付けてやる」と言うのが、何とも、弱々しい。練習では、ヴァンドとショーグンは度々乱取りをやってるらしく、勝敗率は五分五分の様です。一度、ショーグンの犬を巡って、試合をして、ヴァンドが勝って、犬を貰ったとか。はちゃめちゃな二人です。とにかく、その発言が、過大に問題にならなかったのは、「同門だから、しゃーない」と言う考えや、「結局、同門でやらなかった」と言う考えや、「同門でGPの決勝を闘うのは稀」と言う考えから。同門八百長が起きても、ぜんぜん可笑しく無いし、それなりに許容し得るので、決勝まで真剣で楽しいGPを望む人は、同門対決にならない事を、願いましょう。後、ボスは、フジマールの事です、ね。
  • sherdoger
  • 2005/10/17 1:08 AM
つまりCB肯定派は決勝に同門2人が残ったら、エキジビションかマススパーでGPを締めてもいいと。決勝戦もいらない、優勝者も決めなくていいと。それでは準決勝までの戦い・・というかGPそのものが無意味にならないかい。
決勝がなくなって同門2人でじゃれあっている姿をホンとに楽しめるの?
事前のインタビューでリアルファイトをやると繰り返し言っていたことの罪も許すの?
  • 2005/10/18 12:23 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
シウバvsショーグン。。。
えっと、Maxfightin.comで10月8日に行われたシウバインタビューの中で、GPでのショーグンについて聞かれたシウバがもし決勝でシウバvsショーグンが行われていたら八百長になっていたととれる発言をしちゃってます。。。 ●10/4ヴァンダレイ・シウバ インタビュー  
  • GANGANSTYLE
  • 2005/10/13 3:36 AM
シウバ発言に思う
徒然なる駄日記http://zenzen.jugem.cc/に Maxfighing.comに掲載されたシウバインタビューの和訳が載っています。 アローナ戦、大晦日について、ミルコ対ヒョードル、桜庭のこと・・・ いろいろと語っているのですが、なんと言ってもビックリしてのは 「もしミドル
  • 24時間格闘技三昧
  • 2005/10/16 2:33 PM
シウバも普通の人だった。
世界最強とも言われる男ヴァンダレイ・シウバの過去画像?!本物かな・・・。しかし弱そうだ・・・。私はこれをみてちょっとショックを受けました。髪の毛ももじゃもじゃでぜんぜん強そうに見えない。髭も生えてなさそうだし。まだ10代のころの写真だと思われる。人に
  • 芸能スキャンダル 芸能人・タレント・アイドルの裏側
  • 2005/11/09 6:20 PM
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
selected entries
recent comment
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links